FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労働条件審査への道は・・・

地方自治体では住民サービスのための施設管理を民間業者に任せている場合が多くみられます。
自前でやるより外注にだした方が安く効率よく管理できる場合があるからです。
これらの業者を「指定管理者」と呼んでいるようですが、これらの民間業者の労務管理は適正か否かは住民サービスの質を守るうえで大変重要です。
労働者の労働環境が悪い業者の場合、労働者の意欲が落ちてサービスの質の低下を招き、事故を誘発してしまうなど、行政側にとってけしてよい状況ではありません。
総務省からも、指定管理者が労働法令を遵守することは当然で、業者の選定にあたり適切な配慮をするようにとの通達もでています。
これらの業者の労働法令遵守等のチェックはまさに社労士の仕事であるということで、私の所属する埼玉県社労士会では支部ごとにチームをつくり、行政側に働きかけをしています。それについては、過去記事にしました。(
参照)

続きを読む

PageTop