FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

日テレ採用内定取り消し雑感

日本テレビのアナウンサーとして就職が内定していた女性が、銀座のクラブで短期間アルバイトをしていた経歴を理由に内定取り消しをされたことについて、取消は無効だとして訴えを提起したことが報道されています。
今日から裁判が始まるそうで、朝のテレビの情報番組などでも大きく取り上げられていました。
内定が決まった学生は、通常、そこで就職活動をやめますから、いったん決まった後、それもだいぶたってから取り消されると、次の就職先を見つけることが非常に困難になります。
そんなことから、内定取り消しに関して裁判例などもいろいろありまして、リーディングケースとなっている古い最高裁判例をちょっと確認してみました。(最判昭和54.7.20大日本印刷事件) この事案では、会社側は、内定取り消し事由として、①提出書類の虚偽記載 ②共産主義運動への関与 ③卒業不可 ④健康状態の悪化 その他入社後の勤務に不適当と認められたとき を挙げて、学生に確認して誓約書を交わしています。学生は卒業前年の7月に内定を受けて、11月に近況報告書を提出したりしていましたが、翌年(卒業する年)の2月になって理由も示されず内定を取り消され、卒業後に取消無効として提訴したものです。

続きを読む

PageTop