FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

パートの待遇に関する「不合理」とは?

法律の解説にはよく「合理性」とか「不合理」とかいう言葉がでてきます。
法律条文そのものにも「合理的な労働条件」(労働契約法第7条)、「客観的に合理的な理由」(同第16条)などと書かれていますし、判決文などにも合理性があるなどと書かれています。
今年改正になり、来年4月から施行となるパートタイム労働法に新設される条文で、
「事業主が、その雇用する短時間労働者の待遇を、当該事業所に雇用される通常の労働者の待遇と相違するものとする場合においては、当該待遇の相違は、当該短時間労働者及び通常の労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度(以下「職務の内容」という。)当該業務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、不合理と認められるものであってはならない」
というものがあります。

続きを読む

PageTop