FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

直行・直帰の注意点

昨日、記事にした「直行・直帰」についてですが、事務所に戻ってから確認の意味で手持ちの書籍、ネットでの検索などをしたりしていろいろ考え、関与先で話しただけでは足りない点もあると感じて、注意点についてまとめて、担当者にメールで送りました。
直行・直帰は労働時間の無駄を省けるし、時間的効率もよくなるということで行われると思いますが、あまり多用すると労働時間や業務の管理がルーズになる可能性もあり注意が必要だと考えたからです。
会社は、本人の申告を信ずるしかありませんから、できれば、「直行・直帰届」などを作成してあらかじめ予定がわかっているような場合は、届出てもらって管理するのもよいと思います。
少なくとも、業務開始時刻(直行した場合取引先に到着した時刻)と終了時刻(直帰の場合取引先を出る時刻)の報告を義務づけるなどは必要だと思います。
あくまでも、労働時間の把握義務は会社にありますので、会社は事業場外みなし労働制を採用していない限りはきちんと労働時間の確認をしなければなりません。

続きを読む

PageTop