FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

一人一票と同一労働同一賃金

昨日の記事に書いた最高裁判所判事の国民審査の結果が、今朝の新聞の片隅に出ていました。
皆さん信任されました。
では、件の×印の広告の効果はと見てみれば、ぱっと見た目にはほとんど変わりはないのですが、広告で×印をつけられていた判事3人の×の数が、×をつけられていなかった人より明らかに多くなっていました。
一番×が多かったのは木内氏で4,861,993票の×がつき、一番少なかったのは、山本氏で4,280,350票でした。木内氏は広告で×をつけられた人で、山本氏はつけられていなかった人です。もう一人の×をつけられていなかった鬼丸氏は4,678,087票の×でしたが、×をつけられていた他の二人(池上氏、山崎氏)よりは10万票以上少なくなっていました。
これらが、統計学的に意味のある数字なのかは私にはわかりませんが、あの広告の効果はあったのではないかとの感想を持ちました。
やはり、どんな形にせよ自らの正しいと思うことを実現しようとすると、発信するということが大事なんだなと思ったのでした。

続きを読む

PageTop