FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

PTSDでも労災となる場合がある

天災や事故、犯罪などで生命の危機にさらされるような過酷な体験をすると、その後にその体験を思い出したりして精神的に影響を受ける場合があり「心的外傷後ストレス障害」(PTSD)と呼んでいて、最近、社会的にも認知されるようになっていると思います。
毎月送られてくる全国社会保険労務士会連合会の会員向け広報紙に、それが労災として認められた事例が掲載されていて興味深く読みました。
管轄労働基準監督署に申請したときには認められず、再審査請求して認められた事例として報告されていました。
精神的な障害というのは、身体のけがなどと違ってじわじわと病気の状態になっていくことも多く、本人の性格などの要因もあり、因果関係の証明も難しい面があり労災申請をしても必ずしも認められるわけではありません。

続きを読む

PageTop