FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

不合理な労働条件の差とは?

非正規雇用者の賃上げのニュースにからめて、メトロの売店の契約社員や日本郵便の契約社員、大手セメント会社専属の運輸会社の運転手など、非正規雇用者が正社員と同様な仕事なのに格差が大きすぎるとして、労働契約法20条を根拠に訴訟を起こしていると記事がありました。
結果はまだでていませんが、非常に興味深いと思います。
労働契約法20条とは、期間の定めがある労働者と期間の定めがない労働者(正社員を想定していると思われる)との労働条件の差は、「業務の内容や責任の程度、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、不合理と認められるものであってはならない。」とする規定です。
業務の内容とは、仕事の内容、残業の有無や頻度など、責任の程度とは、決済権限やクレーム処理、トラブルや緊急時の処理などの求められる役割、ノルマなど成果に対する期待などで、配置の変更とは、昇進、昇格、転勤、異動などです。
その他の社内事情などを考慮して、その違いにより不合理であってはならないとする条文です。

続きを読む

PageTop