FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「自己保健義務」ってと聞かれて

昨日、所属する社労士会研究会の例会で、私が書いた原稿に関連して「自己保健義務って、やはり判例とかあるんでしょうね」と聞かれ、自分としては「労働契約に付随する信義則上の義務」というようなことで就業規則にも規定として作るし、当たり前のことと理解していましたが、あらためてそう問われるとすぐには思い浮かびませんでした。
そんなことがあるから研究会の例会は面白いということになるのですが。
労働契約法では使用者に「安全配慮義務」を規定しています。
労働者が安全で健康的に働けるように職場環境や労働条件に配慮する義務です。
労働契約は労使が対等な関係で結びますから、契約上の義務として労働者には何かないの?ということになりますが、あります。
労務提供するためには自分が健康に配慮して、契約で約束した義務を果たさなければなりません。
そこで、「自己保健義務」「健康管理義務」などと称して、労働者自身も会社で実施する健康診断を受診する義務があり(自分で選択した医療機関での受診も可能)、自分でも病気をしないように気をつけなければならないと考えられています。

続きを読む

PageTop