FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

中小企業に負担の大きいストレスチェック制度

ストレスチェック制度を定めた労働安全衛生法の改正施行が今年の12月1日に迫ってきました。
常時雇用する労働者が50人以上(会社全体ではなく場所ごとの人数)の事業所の事業主に義務づけられたもので、厚生労働省令、指針などが出そろい、私も関与先への説明資料など作っています。
法律が改正になったときから、大企業はまあいいとして、中小企業には負担が大きい制度だなーと感じておりました。
50人以上の事業所は産業医の選任が義務づけられているので、相談できる産業医がいるということで50人の線引きがされたと思いますが、私の関与先の一部事業所でで50人を超えることになり産業医を探すというときにも結構大変でした。守秘義務がありますから、これ以上書くのは控えますが、ストレスチェック制度の導入も費用もかかる、手間もかかる、しかも、社員の個人的な結果は同意がない限り会社は得られない。
では、何のためにするんですかというのは「心理的な負担の程度を把握するための検査及び面接指導の実施並びに面接指導結果に基づき事業者が講ずべき措置に関する指針」という長い名前の指針に出ています。

続きを読む

PageTop