FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労働の速さから脱線して考える

先日、30代の人と労働の質と賃金について話す機会がありました。
今の会社というのは、仕事のスピードを評価しない。
同じスキルを必要とする仕事だと、能力の高い人ほど早く終わるというわけですが、会社としては早く終わったからといって特に評価しないと言うのですね。仕事が速いことに対してのインセンティブなどは聞いたことがないというわけです。
その話に関連して、以前、所属する研究会で能力が高く仕事が速い人にはどんどん仕事が増やされるという話がでて、その場にいる人は失笑していましたが、私はなんかひっかかりを感じました。
何故、ひっかかりを感じたかそのときはわかりませんでしたが、「能力ある奴はない奴を助けろ! それが会社だ」という自分が会社員時代だったときの上司の口癖が頭の隅にあったからでしょう。

続きを読む

PageTop