FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

言葉は生きている

自分で日々ブログ記事を書き、お客様の就業規則その他社内規程を作り、時には依頼を受けてライターとしての仕事もしている私ですので、一応、言葉には敏感でありたいと思っています。(現実にそうかどうかは別の問題ですが)
現在、朝日新聞に復刻版として連載されている『それから』などを読むと、言葉の使い方だけで何となく「明治の香り」が匂い立つような感じがして、毎日興味深く読んでいます。
ワンセンテンスが短くて歯切れがいいのに、語彙が豊富で言葉がぎゅっと詰まっている感じがします。
このような言い回しは今はしないなーとか、こんな言葉使わないなーとか思いながら読むのも楽しいものです。
先日、何げなく見ていたテレビの街頭インタビューを受けていた70代ぐらいの女性が、何のインタビューか忘れましたが、「ほら、これ、ナウいでしょ?」と言っていたのを聞いて、今、「ナウい」って言わなくなったなー、「奥様、ナウいはナウくないのよ」と言いたくなりました。
「死語」と言う言葉があるように言葉は生きているんですね。

続きを読む

PageTop