FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

大先輩方の志を感じる

以前にもちらりと書きましたが(参照)、私が所属する社労士会の自主研究会は今年創立30周年を迎えます。
記念誌のようなものを作りましょうという話が持ちあがったことをそのとき書きましたが、先週、現在のリーダー、サブリーダーで編集会議を開き、分担などを決めていよいよ動き出しました。
私は、社労士となってまだたったの9年で古い資料などは何も持っていないのですが、協力してくれる会員にお借りした資料等があり、その中で「お手本」ともいえる埼玉県社会保険労務士会で作った社労士法制度発足から30周年記念誌というものがあります。
そこに当研究会の当時のリーダーや会員が寄稿されていて、いろいろと興味深いことがわかりました。
ところで、「お手本」は、なかなか立派で写真やたくさんの会員の寄稿などがありますが、私にとってはごくありきたりの記念誌という印象で、もちろん、作成するのは大変な時間とエネルギーが必要だったろうと想像ができましすし、これを否定するものではないのですが、はっきり言って読んでそれほど面白いものではありません。
私の中の何かがざわざわしだして、もっと違うものを作りたい、過去を振り返るだけではなく現在から未来を考えるためのものにしたいとか、いろいろと思いがわいてきました。

続きを読む

PageTop