FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

物事には理由がある

今日のタイトルは昔犬のお父さんが言っていたような気もしますが、すっかりにわかラグビーファンとなったアタクシとしては、昨日から帰国した選手団についてのメディアでの報道などから感じたことなのです。
エディ・ジョーンズヘッドコーチ(監督)は、ウィキペディアによるとお母さんが日系アメリカ人で奥様が日本人とのことで、日本とは浅からぬご縁のようです。
彼はオーストラリアで生まれ育ち、大学卒業後教員となり高校の校長も務めたとのことですから、人に何かを教えるということに慣れているのかもしれません。
今朝の朝日新聞の記事によると、W杯では初戦の南アフリカ戦にすべてをかけるという作戦をとったときに、相手が強すぎて勝ち目がなさそうなのだから南ア戦は捨てて、他の試合に力を注いだ方がよいとの批判もあったようです。
しかし、彼は「世界第3位といい勝負をすれば、我々が何ができるかの基準を示せる」として批判を一蹴したということです。
だいたい、優れたリーダーは、批判も多いけれどそれを気にしない人が多いように思います。自分の信じた道をまっすぐ進むという感じです。

続きを読む

PageTop