FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

法律はじわじわ効いてくる?

自分の仕事の範疇の法律については、日々目配りをしています(のつもりです)。
それに関連する社会の動きなどにも敏感にならざるを得ません。
ちょっと前ですが、昨年の12月に医療法人で育児休業を3か月取得した男性看護士に対して、昇給を認めず、昇格試験も受けさせなかったことについて、違法との最高裁判決が出たと報道がありました。
この医療法人の事件発生当時(2010年9月~12月に育児休業取得)の就業規則では、育児休業を3か月以上取得した場合、翌年度の職能給を昇給させないとする規定があり、それに伴い昇格試験の受験資格も認めなかったもので、この男性は昇給と昇格の機会を奪われてしまいました。
当ブログでも度々書いていますが、育児休業を申し出たり、取得した労働者に対して解雇その他不利益な取り扱い(降格、減給(働かない時間に対する減給は除く)本人の望まない職種変更、嫌がらせ等)は禁止されています。(育児・介護休業法第10条)
労働者側はこれを根拠に訴えたものと思われます。

続きを読む

PageTop