FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

家族手当から考えたこと

 昨日、厚生労働省の有識者検討会が企業が支給している配偶者手当について、女性の就業を抑制している要因になっているので、企業に見直しを進めることが望ましいとの見解を発表したと報道されました。
この検討会は、昨年閣議決定された「日本最高戦略改訂2015」で、女性の活躍を促す働きやすい制度整備に向け、配偶者手当のあり方についての検討をするための会議のようで、今年度末までに報告書を取りまとめることになっていたのですね。
家族手当については、昨年過去記事にしました(
参照
)
過去記事にもしたとおり、家族手当は時代や社会情勢とともに見直していくべきものと思いますが、国が民間企業にいちいち言うことではないでしょと私は思います。
労使の自由な契約関係の中で決める賃金について、国が何かを言うことについては、私は違和感を感じています。
国は、まず公務員について労使で話し合いやってください。です。



続きを読む

PageTop