FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

介護離職は食い止められるか?

 今月1日にちょっと記事にしましたが、先月末に通常国会で可決された雇用保険法等の一部を改正する法律には、雇用保険料率の引下げなどの他に介護離職を防止するために介護休業関連の改正も行われました。
施行は来年1月1日からですが、マタニティハラスメントの雇用管理措置義務とともに、就業規則等を変更しないといけないので、私としては、まずは条文を確認してみました。
概略としては、育児・介護のうち、介護に比べて優遇されていた育児休業等に介護休業関連の事項も合せたという印象です。
雇用保険の給付額も育児休業と同様に1日につき賃金日額(休業前6箇月の賃金合計額を180で除した額)の67%に引き上げられました(現行40%、今年の8月1日より施行)
所定労働時間免除や連続した3年間以上短時間勤務を認めることを事業主に義務づけたこともそうですね。
育児では、子が3歳になるまでと限定されている短時間勤務ですが、介護については「労働者の申出に基づく連続する3年の期間以上の期間」として、終わりが読めない介護期間に配慮していることがうかがえます。

続きを読む

PageTop