FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

育児のための短時間勤務の難しさ

過去記事にしましたが(過去記事参照)大手化粧品メーカーが、育児のための短時間勤務をしていて、土日や夕方以降の通勤帰りのお客さんが増える時間帯のシフトに入っていなかった社員も今後は入ってもらうように方針転換したことが報道されました。
短時間勤務をしていない社員に負担が偏ること、また、顧客の多い時間帯に接客することで接客のスキルもあがると考えられますが、短時間勤務によりかえってその機会が奪われるというのが理由として挙げられていました。
この事例とちょっと似ているがもう少し複雑な事情が絡んでくる事例について、社労士仲間に意見を求められ、いろいろ考えるところがありました。
守秘義務がありますから事例を直接書くのは控えますが、事務職のように1日の時間帯で特別繁忙の差がないまたは、あっても大きな差異はないというような事業所の場合、短時間勤務の人も集中して仕事をして効率アップを図ることが可能かもしれません。
しかし、お客様を迎えるような商売の場合、特に1日のうち短時間勤務の人が帰った後が最も忙しい事業所となると、ちょっと事情が変わってきます。

続きを読む

PageTop