FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

社会保障関連の将来のビジョンは?

 昨日、安倍首相の消費税増税延期についての演説をラジオで聞きました。
聞きながらあれこれつっこみを入れていましたが、途中でそれもあきてやめました。
つっこみ内容をここに書くと「社労士の不適切な発信」とか言われると困るので書きません。延期により影響が出る社会保障関連の事項は社労士の守備範囲とするところも大きく、すぐ思いつくのは年金の受給資格を決める加入期間が原則25年から10年に短縮される予定だったのが、先延ばしになったということでしょうか。
この種のご相談は、私も何度か地域の市役所等の市民相談の場などでお受けしています。
様々な事情で厚生年金の加入期間が少なかったり、国民年金の納付をしていなかったりする方は結構いらして、それでも皆さん10年以上ぐらいは被保険者であった方がほとんどです。
だからこそ、何とかならないかとご相談にみえるわけですが、私が社労士になった頃は25年(生年月日その他による特例あり)が原則でした。
それが、消費税を増税して財源を確保して10年に短縮するということになり、でも先行き不透明ですと社労士会の研修でも行政担当官がおっしゃっていました。

続きを読む

PageTop