FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

生きていれば病もある

 有名歌舞伎役者さんの奥様が乳がんになり闘病中ということが盛んにテレビ等で報道されています。
診断を受けたのは1年8か月前とのことです。ご本人は公にする意思がなかったようですが、週刊誌に記事を書かれて、記者会見で発表されました。
何だかお気の毒だなと思いました。
誰だって、他人に知られたくないことはあるし、特に病気の場合、ストレスなどもなるべくなくしたいと家族としては思うはずで、メディアに追い掛け回されるのはいい気分ではないだろうと思います。
政治家のような「公人」の場合は、公務に支障が出る場合等もあり、自ら公表する場合もあると思いますが、人気者とはいえ、私人ですから、メディアもいい加減そっとしておいてあげてほしいと思います。
そして、報道の仕方がいかにもがんを特別視して重病で大変らしいというような印象を受けることにも私は違和感があります。
実は、私も社労士試験に合格した年の2005年1月に「乳がん」との診断を受け闘病生活を送ったことがあります。(
過去記事参照)

続きを読む

PageTop