FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

有期雇用契約者の無期転換

2013年(平成25年)4月1日よりカウントが開始された「有期契約が5年超えたら無期契約に転換できる」 という労働契約法の改正について、大企業をはじめとしてすでに対応を終了している企業も多いと思っていました。
ところが、所属する社労士会の研究会では、中小企業では何もしていない企業が結構あるという話がでました。
もし、社労士がついていてそんな状態だとしたら、ちょっとその社労士は問題だと思いますが、社労士が関与していない事業所も多いですから、そういうことになるのでしょう。
正確には、更新を続けて5年を超えることになる契約期間中に労働者が無期転換への申し込みをした場合、事業主側は断ることができません。申し込みした時点で、その期間満了後に無期契約が成立することを承諾したとみなされ、次の契約更新時から無期契約に転換しなければなりません。
この改正が行われたときに、パートを正社員にしないといけないのかと誤解をする人もいましたが、雇用形態、労働条件等はそのままで、契約期間についてだけ期間のない契約とすれば、法律上は問題がありません。
契約更新の間にクーリングと呼ぶ契約をしない空白期間が6か月以上(期間が1年未満の場合はその期間の2分の1の期間、端数は切り上げ)というちょっとややこしいルールもあります。
正確には厚生労働省のサイトをみていただけるとよいでしょう。(
参照)


続きを読む

PageTop