FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

長時間労働をなくすのは経営者の意識

 社員の自殺が労災と認定された大手広告代理店に、子会社まで含めて労働局の調査が入ったと報道されています。
HPによると子会社は相当数ありますし、全国に支社もあり、これは調査するのは大変だろうなと思います。政府は、女性の活躍やワークライフバランスなどを謳い、長時間労働を抑制する方向に動いていますから、本気度を見せるためにも厳しくやるということなのでしょう。
ある社会学者の先生がラジオで語っていたところによると、この会社の社内風土は長時間労働当たり前、パワハラも横行しているということです。最初からわかって就職してたんじゃないの的なことを言っていました。
安全配慮義務違反の先駆的裁判として有名な裁判の舞台となった会社ですが、私もその判例は随分勉強しました。
私のHPに事件について書いてありますので、興味のある方はご覧ください。(
参照
)
会社側の責任を全面的に認めた最高裁判決が出たのが2000年ですが、報道によると、今般の社員も似たような状況にあったようで、前述の社会学者の先生の言うように社内風土は全く修正されていなかったようです。

続きを読む

PageTop