FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

試用期間の長さ

昨日、所属する社労士会の研究会で 試用期間中の解雇についての原稿を出した会員がいて、試用期間についての諸問題についてひとしきり議論がはずみました。
私としては、よく出される判例(三菱樹脂事件 最高裁大法廷判決昭和48.12.12)も含めて随分前に勉強済みという内容で、特にひっかかるところはなかったのですが、今日、念のために手持ちの書籍等で確認してみました。
中で、「へえー」と思ったことがその期間についてです。
試用期間というのは、採用した後適性や能力、勤務態度などをよく観察する期間として多くの会社で採用されている制度だと思います。
労働者側にとってみれば、本採用の一歩手前のような感じで何となく心もとないと言いますか、不安定な状況です。従って、そのような状況にいつまでもおくのは公序良俗違反と考えられています。
ですから、だいたい、3か月とか6か月で終了する場合が多いと思います。

続きを読む

PageTop