FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

雇用保険法の改正 雑感

 3月31日、年度末ぎりぎりで雇用保険法の改正が国会で可決・承認されました。雇用保険料率が引き下げられました。(一般企業 事業主6/1000、労働者3/1000)
完全失業率がこのところずっと3%代を推移していて、今年の2月には2%代に下がったことが影響しているのでしょう。
失業者が減れば雇用保険はお金が余ることになりますから、給付水準を上げるのもその流れなのでしょう。
ちょっとおさらいしておきますと、完全失業率とは労働力人口に占める失業している人の割合で、
調査中に仕事がすぐできる状況なのに仕事がなくて仕事を探していた人や面接結果を待っていたり、事業の準備をしていたりする人が「失業している人」になります。
15歳以上で調査期間中の月末の1週間に少しでも収入を得る仕事をした人と失業者を合せた数が労働力人口です。
ですから、失業者でないからと言って必ずしもみんな生活ができているわけではないと思いますが、少しでも仕事をしている人が多い方が経済は好調だということになるらしいです。私としては世の中、またデフレ気味なのではないか、アベノミクスって結局何だったんだろうねーとの思いを持っていますが。

続きを読む

PageTop