FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

サービス残業にも厳しい目が

 今朝、ちょっと確認したいことがありさいたま労働基準監督署(以下労基署)に電話して、ちょっと話をしていたところ、はて、どこかで聞いたことのある声と話し方、そうだ! 〇〇さんじゃないの、そういえばこの間会ったとき、こんどさいたま労基署で相談員になると言っていたっけ。実は、私は電話の声を聞き分けるのが得意です。知っている人の声は話し方の特徴などもありますから何となくわかります。
自信をもって「失礼ですけど〇〇さんですか?」とおたずねしたら、やはりそうでした。
それからは話はスムーズ、私も納得できて一件落着です。
そんなふうに、私も時々お世話になるさいたま労基署が管轄内のスーパーの店員の死亡について、過労死として労災を認めたことが大きく報道されています。過労死を認定する基準として、直近1月の法定時間外労働100時間越え、又は6か月平均のそれが80時間超えというおおまかな目安があります。
当該労働者は、1か月あたりの最大時間外労働96時間35分、発症前の4か月の平均75時間53分だったそうです。(うーん、なんか匂いますね。あくまでも私見です)


続きを読む

PageTop