FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

社労士は行政の下請け?

 政府の規制改革推進会議案が答申されたと報道されています。
社労士に関係ありそうなこととして、36(サブロク)協定書を提出していない事業所について、社会保険労務士が残業の有無を調べることを想定、問題がある場合には強制捜査権を持つ労働基準監督官につなぐとあります。(36協定については
過去記事参照)
うーん。別に労働基準監督官につながなくても、36協定についてご指導申し上げればよいのではないかなと思うのです。
法定労働時間を超えて残業しているのであれば、36協定書を作成してださないと違法です。作成の仕方はこれこれこうです。提出先はこの労働基準監督署です。と説明してやっていただければよいわけです。
「つなぐ」というのは、特に悪質度が高い場合でしょうか。どういうことを想定しているのか、報道だけではよくわかりません。もし、「残業の有無の確認」だけであるのなら、社労士じゃなくてもできます。その先の「法令に基づく事務代理」や「法令に基づく指導」が社労士の業務です。

続きを読む

PageTop