FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

久しぶりに年金

昨日、関与先担当者から年金に関する質問のお電話があり、一通りの概略のご説明をしていったん電話を切った後、日本年金機構の該当サイトのアドレスを送信してあげました。
しかし、電話を切った後で年金機構のHPを確認するとともに、思わず同期の仲間に電話して、これで合ってるよねなどと弱気な質問をしてしまいました。
年金はややこしいし、毎年、ちょこちょこと変わる部分があるのでのんびりしているとすぐおいて行かれます。
あーっ、もっと年金も勉強しておかなくちゃなと反省した次第ですが、本日、またまた別のご質問が、それは私の知識でも答えられましたが、一般の方は案外知らないかもしれないので、ちょっと書いておこうかと思います。
最近、年金に対する報道なども増えたので、国民年金の第3号被保険者というのはたいていの方はご存知か、聞いたことはあると思います。
会社員や公務員等になると自動的に国民年金の第2号被保険者となりますが、その被扶養配偶者で20歳以上60歳未満の人が第3号被保険者です。
あくまでも、第2号の配偶者とセットになっていますから、相方?の配偶者が第2号でなくなれば、第3号もそこで終わりということになります。
第2号被保険者で老齢基礎年金や老齢厚生年金の受給権者となった65歳以上の人は、国民年金の第2号被保険者でなくなることになっているため、65歳になったとき、または65歳以上で受給権者になったときに資格を失い、同時に第3号被保険者だった配偶者も第3号被保険者ではなくなります。

続きを読む

PageTop