FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

期間工の5年ルール問題

労働契約法では、期間の定めがある労働契約を更新し続けて5年を超えた労働者が、期間の定めのない労働契約に転換する申込をした場合、次の契約更新時には無期雇用契約にしなければならないとするルールがあります。
この5年のカウントは、法律施行時の2013年(平成25年)4月1日からスタートしましたので、来年の4月1日には該当する労働者がでてきます。
法律では、無期契約にすることのみを規定していますので、他の労働条件はそのままで契約期間についてだけ、「期間の定めなし」とすることもできます。ですから、企業によって、期間についてだけ無期契約にする場合もありますし、優秀な人については試験制度等を設けて正社員に登用するなどの措置をとる場合もあります。
また、有期契約については5年を期限として契約更新をそれ以上しないとして、無期契約に切り替えることを避ける企業もあります。
いずれも、就業規則、雇用契約書等で明確にしておかなければなりません。
法律の中で、この制度の「抜け道」としてクーリング期間というものがあります。契約期間に応じて、最長6か月ですが契約をしていない空白期間があれば、その期間を過ぎて再度契約しても今までの期間はリセットされ、そこから再スタートして5年をカウントするというものです。
大手自動車会社各社が、有期雇用しているいわゆる「期間工」と呼ばれる労働者に対して、このクーリング期間を使い、無期雇用となることを避けるような措置をした
ことについて、厚生労働省が調査をするということが報道されています。

続きを読む

PageTop