FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる12年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

厚労省の監察委員会の調査結果雑感

 厚生労働省の賃金統計についての不適切な調査について、外部有識者による調査結果が発表され、組織的な隠ぺいはなく、不正なやり方と認識しながら漫然と前例を踏襲していたと報道されました。
何故、そういう不正調査を始めたかというと、大企業などから全数調査は負担が大きいとの苦情が多く、大都市圏の都道府県の負担を減らそうとしたとのことです。
これはちょっと解せませんね。私もこの業界に身をおくようになってから、役所の担当者などとやりとりすることがありますが、彼らは絶対にルールを守ろうとします。
どんな些細なことでも「融通をきかす」なんてことはほとんどありません。
大企業から苦情が多いとしても、民間企業の苦情に対していちいち便宜を図るなんてことをしていたのでは、適正に仕事をすることはできないと考えるのが公務員の方々のはずと私は思っています。
それぐらいでないと、やはり公平、公正な行政運用はできないのですから、それはそれでいいのだと思っています。

続きを読む

PageTop