FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「グリーンブック」を観る。知性と勇気

 昨日、以前から観たいと思っていた映画「グリーンブック」を観る機会に恵まれました。評判どおりの良い映画で最後は泣きました。悲しくて泣くのではなく感動の涙が自然に出てきました。
時は1962年、アメリカニューヨークでナイトクラブの用心棒のような仕事をしていたトニーは、腕っぷしが強く、人をはぐらかすような話術にもたけた陽気なイタリア系アメリカ人。客同士のトラブルなどを見つけるとあっという間に腕力にものを言わせ、いわば暴力的に解決してしまう教養などとは無縁の男。それでも、心根は優しいので妻や子ども、その他の親族、友人にも愛されていて裕福ではないけれど幸せに暮らしています。
クラブが改装工事をするため2か月の休業をすることになり、カーネギーホールの上階に住んでいるセレブな天才的ピアニスト、ドン・シャーリーの演奏旅行に随行する運転手兼用心棒として雇われることになります。問題は幼少のころからピアノの才能を認められ、ドクターとも呼ばれるぐらいに知性と教養あふれるシャーリーが黒人であったことと、演奏旅行先が黒人差別の激しい南部だったことです。
宿泊施設や飲食店、トイレまでが「黒人お断り」が堂々とまかり通っていた時代の南部を旅するために、黒人OKの施設についてのガイドブックが「グリーンブック」と呼ばれていて、トニーはそれをもって出発するのでした。

続きを読む

PageTop