FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる12年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

正当な争議行為とは

 先週のお盆休み真っただ中、東北自動車道上りの佐野サービスエリアでフードコートなどの売店を運営する会社の従業員がストライキに突入して、売店が閉鎖したというニュースがありました。
社労士としては、興味を持たざるを得ないニュースです。
何故って、厚生労働省の調査などによると、労働組合の組織率は今や推定17%という状態です。しかし、「労働組合法」は労働法の中では結構重んじられていて(私見です。のように感じられる)学者の先生の書籍などにはかなり詳しく記載されています。
なので、私も労働組合法の条文は読んではいますが、実際にその条文に沿ってコンサルタント業務をした経験はありません。そんな中、ストライキまでいくのはよほどのことなのではないか、当該労働者の皆さん、元気ありますねーと思ったからです。
ネットで検索してみると、東京都でも「組合づくりのハンドブック」(
参照
)という冊子を作っていました。これを読むと労働組合法に書かれていることを詳細にわかりやすく解説していて、いい冊子だなと思いました。
さて、この問題について偶然テレビニュースを見ていたところ、特定社労士の方が出てきて解説していらして、「おおー、とうとう弁護士ではなく特定社労士も呼ばれるようになったのか」と拝見していたところ、「正当なストライキ」かどうかが問題になるというようなことをおっしゃっていました。そうだったですねと、翌日事務所で早速手持ちの『労働法第十版』(菅野和夫著 弘文堂)を紐解いてみました。

続きを読む

PageTop