FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

本当の働き方改革とは?

今朝の朝日新聞の投書欄に地方自治体の臨時職員をされいてる方の投書がありました。
女性の方ですが、 下の子が小学校入学の頃から9年間、1日5時間、月20日だから働き続けることができた。しかし、新年度から臨時職員制度がなくなるため雇止め(雇用契約の更新をしないこと)となることになった。働き方改革の関連らしいが、正規職員と同じような働き方をしている人にとっては救済措置となるのだろうが、自分のように短時間で補助的業務をして、その働き方でよいと思っていた者にとっては職を失うことになり残念だという内容でした。
働き方改革関連法では、長時間労働の是正などとともに非正規雇用者の待遇改善が目的の一つとして掲げられています。
「同一労働同一賃金」の導入も、使用者としては頭の痛い問題だと思います。
その自治体は、それらに抵触しそうな臨時職員制度をやめる決断をしたのでしょうか。投書だけではよくわかりません。
投書者は、短時間の補助的業務でもそれを選択して働く機会を奪わないでほしいとも書いています。

続きを読む

PageTop