FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

配偶者手当は消えていく?

選択的 夫婦別姓制度も女性天皇も認めようとしない現政府ですが、女性にはどんどん働いてほしいようです。
少子高齢化で働き手が減るのですから、女性にも男性同等に働いて税金や社会保険料をたくさん納めてほしいということなのでしょう。
必要があって、家族手当制度、特に配偶者に対する手当について調べていたところ、私め、恥ずかしながら不明にも、政府がこの件について検討会を開き、報告書まで出していたことを今頃知りました。
平成27年12月に「女性の活躍促進に向けた配偶者手当の在り方に関する検討会」を立ち上げ、28年4月には報告書を出し、現在特設サイトまで設けています(
参照)。
サイト内の資料等によりますと、パートタイマーの女性が、夫の被扶養配偶者でいるためには収入要件がありますから、就労時間を調製して収入を抑えるということが行われていますが、各企業が独自に設定して従業員に支払っている「配偶者手当」も、その要因の一つとなっているという指摘をしています。

続きを読む

PageTop

バリアフリーが大きく前進か

 昨日、重度の障害を持つ令和新選組所属の参議院議員木村英子氏が当選後初めて質問に立ったことが大きく報道されました。
木村議員は、生後8か月のころ歩行器ごと自宅玄関から落ちる事故で脊椎を損傷して、首から下はほとんど動かせず、右手だけがわずかに動かせるそうです。
木村議員の議員としての活動に支障が出ないように、参議院側も館内の改装などを行い、随分とバリアフリー化が進んだようです。傍聴席にも車椅子の方がいらしたようで、国会という場に当事者である方々がどんどん入っていけるようになるのは、とても良いことだなと思いました。
木村議員は、大きな声が出せないそうですが、特殊なマイクを使ったとのことで、質問ははっきりと明瞭に聞き取ることができました。

続きを読む

PageTop