FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

コロナ禍での行動変容

 新型コロナ感染症は治まるところを知らず、変異株とやらが現れ大阪府の状況がやがて首都圏も同様になるだろうと言われています。
この1年、私も感染しないように「行動変容」せざるを得ませんでした。
個人的に一番変わったのは、キャッシュレス化です。ネットでの個人情報流出などを危惧してあまり使わなかったオンラインでの買い物をするようになったし、スーパーなどの支払もほぼカード払いです。
コンビニはプリペイドカードやポイントカードで払います。
〇〇ペイというのが若い方々には常識になりつつあるのかもしれませんが、私は、スマホ一つにすべてを託すのは危険なような気がしてそこまでは手をだしていません。

今日は、遅ればせながらCF(クラウドファンディング)とやらを初めて行いました。私も「貧者の一灯」で自分が信頼できると思える団体や機関にほんのわずかばかりですが寄付をさせていただくことがあります。
今までは銀行や郵便局から送金することが多かったですが、本日、新聞を見て、これは寄付しなくちゃと思った団体がCFで寄付を募っていることを知り、初体験してみました。
住所、氏名やメールアドレス、パスワードを登録して認証してもらい、当該サイトから金額と支払方法を指定して完了です。
郵便局や銀行に行かないで済むので簡単です。そして、あなたは〇〇〇〇人目の支援者ですと出たりして、親近感といいますか、寄付したという実感がわくようにも感じます。
と、まあ、若い方々には当たり前のことをやっと体験したおばはんでした。
これからは、現金取引はどんどん減っていくのでしょう。

そういえば、切符の買い方を知らない若い人たちが増えているという話を先日テレビでみました。
なるほどねー。やったことがなければわからないですよね。
話は変わりますが、自動車も電気自動車が当たり前になる時代がそう遠くなさそうです。時代の大きな変わり目にいるのかなという気がしている今日この頃です。

PageTop

何事も継続すること

 昨日は、所属する社労士会の自主研究部会の月に一度の定例会でした。
昨年5月ごろからzoomを利用するようになり、感染が治まった一時期の2、3回は会議室に集まる人と事務所でzoomで参加する人とでいわゆる「ハイブリッド」形式で行いましたが、すぐにまた感染拡大となり、このところはずっとzoom例会が定着しています。
幸い、現在リーダーをしている会員がコンピューター関連のスキルが高い会員なので、とても助かっています。
私は、送られてきたŪRLをクリックするだけで、参加している会員のお顔を拝見することができます。
みんな元気そう。声もいつものまま。何よりもマスク無のお顔が見えて、なんかうれしいですね。
というわけで、人と会うことを極力避けなければならない昨今、やはりこういうツールがあるのはありがたいことだなと思います。
いつもながら、様々なテーマであれこれ話し合っているうちにすぐ2時間半がたち、お開きとなりました。
以前より30分短縮ですが、意外と画面ごしに人と真剣に議論するのは面と向かってやるより疲れます。やはり、多少遠慮して話したりするからでしょうか。
コロナ禍で不便に思うことはいろいろありますし、政府の不作為には本当に腹がたちますが、何とか仲間と勉強を続けられるのはうれしいことだなと思います。
そういえば、昨日のテーマの一つがアンガーマネージメントで、「へぇー」と思うこともありました。心穏やかに過ごせることは幸せです。
研究会も細々ながらも続けられることが大事なのだと今は思っています。

PageTop

若葉の桜もいいものだ

 先月下旬、当ブログに満開の桜の花の写真を載せることができました。
今や、すっかり花はなくなり代わりに若葉の緑がまぶしく光っています。
いよいよ新緑の季節がくるんですね。一年で一番過ごしやすい季節だと思っているので、いい季節がもうすぐ来るねと思いつつ桜の樹を眺めています。
「葉桜」というのはあまりいいイメージに使われませんが、若葉の緑はなかなか美しいです。
本当に季節の移り変わりは早いです。気が付けばもう4月だ、これからは、もう新緑だ、梅雨だ、猛暑だと続くのでしょう。猛暑の頃にはコロナ禍はどうなっているんでしょう。いろいろ変化して新種も次々と現れているみたいなので、まだまだ予断を許さない状況が続きそうです。
そんな中、聖火リレーも始まりましたが、私としては開催反対なので気分的には全然白けています。
政府の政策も私にはよく見えないし、コロナ禍をどう制御しようとしてるのかあまり説明もされないのでわからない。
国民には自粛、自粛と要請して、とうとう「マスク会食」などということが当たり前になるような話がでています。


続きを読む

PageTop