FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる15年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

何事も継続すること

 昨日は、所属する社労士会の自主研究部会の月に一度の定例会でした。
昨年5月ごろからzoomを利用するようになり、感染が治まった一時期の2、3回は会議室に集まる人と事務所でzoomで参加する人とでいわゆる「ハイブリッド」形式で行いましたが、すぐにまた感染拡大となり、このところはずっとzoom例会が定着しています。
幸い、現在リーダーをしている会員がコンピューター関連のスキルが高い会員なので、とても助かっています。
私は、送られてきたŪRLをクリックするだけで、参加している会員のお顔を拝見することができます。
みんな元気そう。声もいつものまま。何よりもマスク無のお顔が見えて、なんかうれしいですね。
というわけで、人と会うことを極力避けなければならない昨今、やはりこういうツールがあるのはありがたいことだなと思います。
いつもながら、様々なテーマであれこれ話し合っているうちにすぐ2時間半がたち、お開きとなりました。
以前より30分短縮ですが、意外と画面ごしに人と真剣に議論するのは面と向かってやるより疲れます。やはり、多少遠慮して話したりするからでしょうか。
コロナ禍で不便に思うことはいろいろありますし、政府の不作為には本当に腹がたちますが、何とか仲間と勉強を続けられるのはうれしいことだなと思います。
そういえば、昨日のテーマの一つがアンガーマネージメントで、「へぇー」と思うこともありました。心穏やかに過ごせることは幸せです。
研究会も細々ながらも続けられることが大事なのだと今は思っています。

PageTop