fc2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる15年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

10月から最低賃金が改正

 10月1日から全国の地域別最低賃金が改正されています。
全国平均で961円、昨年より31円のアップです。
私の地元の埼玉県は987円、平均と同じ31円のアップです。全国で一番高い東京都は1072円でやはり31円のアップです。いずれも時給の額です。
そもそも最低賃金とは? というところをちょっとおさらいしておきますと、最低賃金法という法律により定められています。
その法律の目的は第1条にあり、「賃金の低廉な労働者について賃金の最低額を保障することにより、労働条件の改善を図り・・・」とあり、弱い立場の労働者の賃金が下がり過ぎないように歯止めをかけているんだねということがわかります。
使用者は必ず最低賃金以上の賃金を支払う義務があり、最低賃金額未満の賃金で労働契約を締結した場合、その部分は無効となり、最低賃金額で契約したものとみなされます。
ですから、もし最低賃金に達していない契約になっていた場合は、契約締結日にさかのぼり賃金額を
最低賃金額に引き上げて差額を請求することができます(時効は当面3年)。
各都道府県労働局に最低賃金審議会が置かれ、毎年、調査審議の上決められます。


続きを読む

PageTop