FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

今年1年お世話様でした。

南天0001 金曜日の夜から腹痛がひどくて、土曜日に病院に行ったところ2年ぐらい前にもなったことがある腸の病気でした。

薬を飲んで安静にしていればよくなるのですが、無理をすると腹膜炎になったりして大変なことになるらしくて、そんなにバカにできない病気のようです。

というわけで、土曜、日曜と家でごろごろしていました。

土、日、何もせずに家にいたなんて随分久しくなかったような、過去にあったのかすら思い出せません。
写真は偶然、腹痛が出る前、何となくお腹に違和感があったのですが、お花やさんで鮮やかな赤い南天をみかけて買ったものです。お正月の縁起もので、「難を転ずる」というようなことで、飾るものらしいですが、一足早くわが家の玄関に飾ったものです。

昨日ぐらいまでは腹痛が治まらず、布団でごろごろしたり、起きてこたつで新聞を読んだりしていましたが、今朝ぐらいからだいぶ痛みもひいてきたので、事務所にやって来てメールに目を通したりしています。

布団で寝ながら、ipodでジェシー・ノーマン(ソプラノ歌手)の「Amazing Grace」を聴いていたら、急に今年の10月に亡くなった私の母のことを思い出しました。

母の死については私なりにいろいろ考えることがあるのですが、まだ整理ができていない状況です。

ただ一つ言えることは「死ぬのが恐くなくなった」ということですね。

3人兄妹の末っ子で一人娘の私を可愛がってくれた、誰に対しても世話好きだった母ですから、私が死ぬ時はきっと迎えに来てくれるだろうなあと思うからです。

幼い時のように手をひいてくれて、彼岸とやらに迷わず行けるだろうと思います。

何だか辛気臭い話になってしまいましたが、親より先に死ぬのは親不孝だと言いますから、母の死というのは私にとっては、親不孝しないですんだなということでもありました。

病気になるというのは、普段思ってもいなかったことをじっくり考えたりするので、あながち悪いことではありません。

というわけで、体調不良ということもあり、少し早いのですが当ブログは今日で御用納めとさせていただきます。

1年間、全国の方々に来ていただきました。ご訪問いただいた全ての方に感謝申し上げます。

皆様、良いお年をお迎えください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する