FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

何事も主体的に関わろう!

昨日、午前中に就業規則作成の見積書をお届けした事業主様から、お昼ごろには、早速ご依頼いただけるとのお返事をいただきました。

今度の業種は今までやったことのない業種ですが、やったことのない業種をやるのは、それだけ実績と経験を積めることになるので、私にとってはうれしい仕事です。

就業規則は基本的には労働基準法をはじめとする関連法規が理解できていれば、どんな業種でも作ることはできます。ただ、その会社の背景を知るためには、業界特有の事情などは知っておく必要があります。

その業種について関連法令をネットで調べ印刷して、さらに付随する様々なことを検索してにわか勉強の開始です。

インターネットがなければこうはいかないと思うので、私にとってネットは今や仕事上の大事なツールになっています。

もちろん、ネットの情報は玉石混交ですから選別する「眼力」も必要ですし、そういうことも日々培っていかなくてはいけないと思っています。

行政や独立行政法人などのHPは一番信用できると思っていますが、むしろ信用できなかったら大変だという話だと思いますが、たまに最新の情報ではない場合があるので注意が必要です。

個人のHP、ブログは、それこそ玉石混交ですし、管理者の価値観や思惑などで同じ内容を表現するにしても違ったものに見える場合もあり、ある程度、その人がどういう意図でそのサイトを開設、運営しているのかを知る必要があります。

日々いろいろ目を通していると、ある程度文章を読んだだけで管理者の力量のようなものがわかるようになります。これは感覚的なことなので、理路整然とこうなんですよと説明することはできません。

そんなわけで、これからもパソコンとにらめっこの日々が続きそうです。

 

昨晩は、自主研究会の集まりもあり、発表会に向けて最後の打ち合わせをしました。

5時半から始めて気がついたら8時半ですから、3時間もあれこれ話したりリハーサルをしたりしていたんですね。

お腹がすいたので、みんなで食事兼飲み会に。

打ち合わせの会合は3回ぐらいでしたが、同報メールをたくさんやりとりしているうちに、みんなの気持ちがひとつになっていいチームになったと思います。

メンバーはかねてより研究会の例会で顔を合わせ懇意にしている方ばかりなのですが、中にお1人だけ「ちょっと私とは違う感じだなあ」と距離感を感じていた方がいました。あれこれメールをしたり、会合の後の飲み会でお話したりしているうちに、ぐっと距離が近づいてその方のことがいくらか理解できるようになりました。

そうしたら、昨日、あちらもそう感じていたらしく、「今回、いっしょにやってみて鈴木さんのいいところがよくわかった」というお言葉をいただきました。

こんなうれしい思いも発表会チームに加わったお陰だなあと思います。

少々、時間とエネルギーを使っても、何かに主体的に関われば必ず得るものはある。しかも大きいものを。と感じた夜でした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する