FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

ちょっぴり複雑な気分の講師の仕事

かねてより発言しているように、「発信する社労士」、「書ける社労士」、「語れる社労士」が私の目指す社労士像です。

ですから、それに関連する講師の仕事の依頼などは迷わず受けます。

しかし、先頃、ちょっぴり迷い、でもお受けした講師の仕事があります。

ある方の紹介で、ある社労士予備校が主催する開業セミナーでの講座で、就業規則について、その重要性並びに作成、見直しの仕方などを講義してほしいというものです。

講義を受ける方たちは開業間もないか、これから開業しようとする有資格者とのことです。

迷った理由は報酬がえらく安かったことです。

講師の仕事というのは、その日出かけて行って講義をするというのはほんの一部の時間で、前もっての資料作りや自分が何をしゃべるか構想を練るなどの方が手間隙がかかります。

私の場合、前もって必ずICレコーダに吹き込んでみて、聞き苦しいところがないかとか、同じ言葉を繰り返し使っていないかなどをチェックします。

ですから、ある程度そんなところも理解していただいて報酬を設定していただきたいのですが、そんな額ではありませんでした。

そういう時にいつも頭に浮かぶのは、自主研究会の先輩の言葉、

「鈴木さんが安売りすると、この業界全体が安く見られるんだから、自分を安売りしちゃだめだよ」

それは、就業規則作成の報酬についての話から出たことなのですが、報酬見積もりの時にいつも思い出す言葉です。

 

今回、結局それで引き受けたのは、お話する対象者がいわば後輩の方たちだということからです。私は、かねてから、「社労士が社労士で儲ける」ということについては批判的な立場です。自分はそんなことしたくないと思っています。

自分の持っている情報なんてやがて鮮度が落ち陳腐になっていくんですから、みんなで共有してこの業界全体を盛り上げたいと思っているからです。ここで、報酬を理由に断るのは日頃の自分の言動に一致しないなという思いがありました。

とりあえずお引き受けしたからには、いつもどおり「一球入魂」でいきたいと思います。

 

思い出すのは、ちょうど4年前、私が参加したある開業セミナーでの就業規則についての講義です。今にして思うとその後の実務をするうえで役にたった話はほとんどありませんでした。講師の方の著書も買いましたが、開業してからほとんどその本を参考にしたことがありません。結局、その後に購入したCDつきの本の方が私にはずっと参考になりました。

その時のお話は、就業規則作成のおおまかなイメージはわかりましたが、いざ、自分が就業規則を作成したり、見直したりする時に何をどうする、どこをどう見るという具体的な話は何もなかったのですね。

それは、やはり企業秘密ということだったのでしょうか。時間をかけて蓄積してきたノウハウをそう簡単には披露できないということだったのでしょうか。確かにそういう気持ちは理解できないではありませんが、それなら講師の仕事など引き受けなければいいんですよ。

講座は7月とまだ先ですが、お引き受けした以上は、何か一つでも参加した方のお役にたつことが話せるようにしたいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

頑張って下さい!応援しています!

鈴木さんへ

 ご無沙汰しています。
 境野です。
 お元気ですか?

 講師の仕事、頑張って下さい!
 ブログの文面から、鈴木さんの”FOR YOU ”の気持ちが伝わって来ました。

 就業規則の重要性や作成、見直しの仕方は、もとより是非仕事に対する鈴木さんの気持ち(熱意)を 伝えて下さい!
 あ~、すみません。余計なことを言ってしまいました。(笑)

 私もおかげさまで、顧問先より就業規則をはじめ、各種規程の作成業務(スポット業務)を受託しまし た。
 ありがとうございます。
 法改正(改正労基法・改正育児・介護休業法)や裁判員休暇等、見直し・追加など盛りだくさんです 
 ね。
 
 私も鈴木さんの”就業規則のセミナー”を聴きたいです。
 営業活動も地道に継続しています。
 
 暑い日が続きますね。
 梅雨は、6月の中旬ぐらいにやってくるのでしょうか?
 お互いに、体が資本ですので、身体を大事にして頑張っていきましょう!

以上



 
 
 

 
 
 

境野 守宏 | URL | 2010年06月08日(Tue)01:05 [EDIT]


Re: 頑張って下さい!応援しています!

境野さん
ご無沙汰でした。
お元気そうで何よりです。
相変わらず、頑張っていらっしゃるみたいですね。

先日、支部の気のおけない先輩から、「この世界、5年続けていれば、きっといいことがあるよ」
と言われました。
私たちは3年半ですから、まだまだ、この先にいいことがありますね。きっと。
コメントありがとうございます。
梅雨も間近のようですが、くれぐれもご自愛ください。
 

おばさん社労士     | URL | 2010年06月08日(Tue)11:07 [EDIT]