FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

ゴミ屋敷住人の年金不正受給

職業柄「年金」というキーワードが出てくるニュースがあると、「うーん?」と聞き耳をたててしまいます。

近所でも評判のゴミ屋敷に住んでいた兄弟の兄が万引きで捕まり、「弟の部屋で母が死んでいる」ともらし、行ってみると部屋中ゴミだらけてゴミが1m以上もうず高く積まれていて、その下にお母さんの遺体が白骨化していたというニュースです。

何故そんなことをしたかと言えば、弟の話によると「定期的に年金が入るから」と答えたそうで、そういうことを考える人もいるんだなと思いましたが、それは本当の理由なのかどうか、私にはよくわかりません。

ゴミ屋敷になってしまうというところで、多分精神的に正常ではないと思うし、回りに何らかの手を差し伸べる人がいれば、結果は違ったのかもしれないと思います。

ゴミ屋敷の住人というとお年寄りが多いですが、この兄弟は50代と40代で普通なら働き盛りです。

実際、兄は無職でしたが、弟は会社員として普通に働いていたそうですから、何でそうなっちゃったんだろうねと思うばかりです。

ノンフィクションライターの沢木耕太郎氏のデビュー作に「人の砂漠」というのがあります。新聞の三面記事にあったニュースで興味を覚えたニュースの主役たちの実像に迫るため、会いに行き話しを聞きリポートとしてまとめてあるのですが、様々な人生が描かれていて、若い頃興味深く読んだ覚えがあります。

この家族にも人知れず何かがあったのかもしれないし、それはニュースからは伝わってきません。

ゴミを全部片付けて再出発できればよいのですが・・・。

 

ところで、年金受給者が亡くなった場合には、届出を出してそこで受給は終わるわけですが、死んだのに生きているふうを装い、年金を不正に受給し続けた場合は発覚すれば不正受給ということになります。

先のニュースの例ですと、うっかり届出を忘れたのではなく、故意に年金を受給し続けていたとみなされれば、罰則の適用対象ともなると思われます。

国民年金法では、「偽りその他不正の手段により給付を受けた者」は3年以下の懲役又は100万円以下の罰金で最も重い罰則となっています。

この例では、死体遺棄の疑いで逮捕されていますからそちらで調べられることになるのでしょう。

母親の遺体をゴミに埋もれさせてしまう精神の病?はどこでどうなるんだろう。自分も母親のはしくれなのでちょっと考えてしまいましたが、答えは当然ながら出てきません。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する