FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

書籍の購入はどこで?

私は本を読むのが好きです。というよりも活字を見るのが好きなのかもしれません。


普通の本(単行本、文庫本、新書など)をはじめとして、新聞、雑誌、開業してからは社労士会から送られてくる会報、なども必ず目を通します。暇な時は広告なんかも結構読んじゃいます。スーパーで買い物をする時も、初めて買う食品などはラベルの情報(賞味期限、原産国、添加物など)をしげしげと眺めます。


支部の掲示板で、読んでるのか読んでないのかわからない支部の広報誌はやめてもよいのでは?という意見がありましたが、私はじっくり読んでるのになあと思いました。


子育てで忙しかった頃一番やりたかったことは、朝から晩まで家事や食事の支度のことなど気にせず一心不乱に読みたい本を読みふけることでした。そんなことはできるわけもなく、いつも細切れの時間をやりくりし、足りない時には睡眠時間を削って本を読むということを繰り返してきました。今もその状況はあまり変わりません。子供達が独立して夫婦2人になったとはいえ、私が主婦であることに変わりがないからです。


そんなにいろいろな本や広報誌などを読んで、それを全て覚えていられれば、私の頭の中には膨大なデータベースが構築されているはずです。残念ながら、特に最近は忘れっぽくなりました。小説などはまだ覚えているのですが、最近の時事ねたなどの新書系の本など内容をすぐ忘れてしまって、何のために時間を作って読んでいるんだろうと愕然とする時があります。


さて、最近そのような本との付き合い方で大きく変わったのは、書店に行かずにネットまたは出版元などに直接FAXで注文することが多くなったということです。


小説などは手にとってちょっと見たいということがあるので、書店に直接行くのですが、(軽い本はその場で立ち読みしてしまう)運ぶのが重い六法などの法律関係の本とか、近くの本屋にはなさそうな本などはネットで注文してしまいます。在庫があればだいたい2~3日で届きますし、代金引換にすればカード払いしないで済みますし(カードは何となくまだセキュリティー面で不安がある)、某コンビ二は自分で取りに行けば手数料もかかりませんし。(1500円以上注文の場合)


出版元に直接頼むのは、社労士の実務に役に立ちそうな本です。雑誌に広告が入っていたり、一度買うと出版社からダイレクトメールがきたりするので、読んでおいた方がいいとか、持っていた方がよさそうな本をFAXで注文します。それらは本といっしょに振込用紙が入っているのでそれで支払ます。後払いになるのだから信用取引という感じですね。世知辛い世の中ですが、この業界はまだちょっぴりのんびりしているのでしょうか。


いずれにしても、ネットで注文する便利さを覚えてしまうとそちらへどんどん行ってしまいますね。街の小さな本屋さんが生き残るのは本当に大変だろうなと思ってしまいます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お久しぶりです!

鈴木さん、ご無沙汰しております!

最近は現在の本業の忙しさとノロウィルスで記事を拝見できませんでした。
鈴木さんは相変わらず毎日記事を更新しておられて感心します。

ノロウィルスは結構大変なものでした。
下痢と嘔吐が激しく2日間は何も食べられませんでした。
その分体重が3㌔痩せたのでダイエットになりましたが。。

本は私もほとんどネットで購入しています。
その他の買い物もネットの方が多いです。
本はそうではありませんが、他の物は何といっても価格が安いです。おまけに鳥取には無いものがネットではありますのでとても便利です。

これからますますネット社会が浸透していくと私はにらんでいます。
このネット社会を社労士開業に向けて一考し、活用したいと思っています。

卯年 | URL | 2006年12月22日(Fri)21:53 [EDIT]


卯年さん
こんにちわ。お久しぶりです。

今はやりのノロウィルスにいち早く感染されたんですね。大変でしたね。寒さも厳しくなりますからくれぐれもご自愛ください。

ネット社会のよさは「情報を広くあまねく平等に」行き渡らせるということでしょうか。
私もITに関してはわからないことだらけなので、勉強しなくてはと思っています。

おばさん社労士 | URL | 2006年12月23日(Sat)11:52 [EDIT]