FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

アマリリスの復活

                  アマリリス ①
当地は、昨日、今日とまさに五月晴れと言えるようなさわやかな日が続いています。
写真は事務所に置いているアマリリスの鉢植えなのですが、昨日から一気に花が咲きました。
花は直径が、図ってみたら18cmもありました。
大きな派手な花です。

花言葉を調べてみると、「誇り」「虚栄」「おしゃべり」「内気」「すばらしい美しさ」など、やはり華やかな外見から連想されたんでしょうか。
この花は、数年前に事務所によく来る宅急便の会社のおじさんが、「これ買わない?」と球根からかすかに葉っぱがでているアマリリスを持ってきたのが始まりです。
鉢に植えて、水をやっているうちに写真のような花が咲きました。
説明書に書いてあるとおり、花が咲き終わり秋になったら長い葉を根元まで切り、水をやらずに冬を越させます。
そして、春になり3月から4月頃から水をやり始めるとみるみる葉が育ち、やがて5月頃に3~4つぐらい立派な花が咲きます。
毎年、そんなことを繰り返していましたが、年とともに花の数が減り、昨年はとうとう花芽がひとつも出ないで花がなく、葉っぱだけが伸びるという空しい?姿になってしまいました。

観葉植物もそうなのですが、3年に一度ぐらいは鉢の中の土を入れ替えないと栄養がとれなくなってしまうそうですね。土がやせてしまうということなのでしょう。
それで、今年は春先に新しい土に入れ替えてから、水をやり始めました。
そうしたら、いくつかの花芽が出て、昨日から一気に咲き出し、写真の姿になったというわけです。だから、今日のお題は「アマリリスの復活」となりました。
私にとってはとてもうれしいことだしビッグニュースなんです。

私も社労士になってから3年半、油断していると土が枯れて栄養が行き渡らなくなって花が咲かなくなるかもしれません。そんなことがないようにいつも新鮮な空気を吸って栄養を取り込めるようにしたいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する