FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

かすかに感じる秋の気配に「夏眠」は終わり

異常な猛暑が続いていますが、季節は確実にうつろっていくようです。
昨日、所用で外出して歩いているときにふと空を見上げると、青空ですが何だか高く感じます。それは夏の間もくもくと大きくて勢いがあった雲が薄くなったからだとわかりました。
薄く筋をひいたような感じのところやうろこ雲のようなところもあって、これはもう夏の空ではないなと思いました。
夜、車で帰る途中、信号待ちをしていたときに虫の声を聞きました。
そういえば、暗くなるのが随分早くなりました。
こうなると、もう秋だなあと思います。
昼間は相変わらずすごく暑いし、夜も空気がもあっと熱いのですが、風はやはり8月の盛夏の頃とは違うように感じます。

というわけで、いつもはエアコンを29度に設定してつけっ放しで寝るのですが、消して寝てみました。
寝るまでの間にがんがん冷やしているせいもあるでしょうが、暑くて目が覚めるというようなこともなく眠れました。
やっぱり少しは涼しくなっているようです。
子供の頃、夏の終わり、正確には夏休みの終わりは子供心にも何だか寂しいような空しいような気がしたものでした。
私の住んでいた都内でも、ヒグラシやつくつく法師の鳴き声が聞こえてきて、余計に胸がキュンとなるような思いがしたものでした。
今は、ああ、やっと暑い夏ともおさらばかなと思って何だかホットします。
年とともに自分のおかれた状況も変わり、気持ちもどんどん変わるんですね。

私にとって秋は何故かコンサートの季節なんです。
一年を通じていろいろな所でコンサートは開催されますが、それなりの費用がかかりますから、厳選することになり、夏の暑い時期はなるべく避けるようにしています。その反動か、秋はあちこち出歩きたくなるのですね。もっともチケットを買ったのは半年も前の話なんですが。
今年も10月に2件、11月に1件予定しています。
随分前に前売りの割引券を買ったシャガール展もそろそろ行かないと行きそびれてしまうし、不要不急の外出を控え、「夏眠中」だった私もそろそろ動き出そうかというところです。

仕事の方は、春からとりかかっていたある会社の社内規程全般の見直し作業がようやく大詰めを迎えていて、従業員代表の方に意見書を書いていただくため、事業主さんのご要望により新旧比較表を作ってどこが改正になるのか、わかりやすいファイルを作成中です。
この会社は就業規則本則の他に各種規程がたくさんあって、見直し作業も結構大変でしたが、間に会社の決算期が入り、作業が延び延びになっていたので、ようやく先が見えてきてホットしているところです。
今月下旬には、私が日ごろから勉強のために愛読?している「労働法」の著者菅野和夫氏が講師となる研修に参加することになっていて、そのための予習もしなくてはいけないので、「芸術の秋」「読書の秋」「勉学の秋」にスイッチを切り替えて頑張りたいと思います。
そうそう、猛暑の間ひきこもってビールばかり飲んでいたので体重もオーバー気味、「スポーツの秋」も考えないとだめかもしれないなと思う今日この頃なのでした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する