FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

小沢氏はこれから何処へ?民主党代表選雑感

昨日の民主党代表選挙はNHKをはじめ民法各局が生中継していて、それだけ注目度の高い選挙だったのですね。
私ももちろん注目していました。
どちらがなるかというより新聞、テレビでいうところの「世論」とネット上の「世論」とどちらが反映されるかなという意味で注目していました。
新聞各紙は少し前の世論調査でどちらが首相にふさわしいか、又はなってほしいかという世論調査で、菅氏70%台、小沢氏10%台と大々的に報道していました。
その後のネットでの同種の調査では60%台対40%台と小沢氏が勝っていたので、どうなるのかなあと注目していました。
テレビでいつも饒舌な政治評論家の皆様も口をそろえてどちらが勝つかわからないと言うし、さて、終わってみれば、一応大差ということにはなっていますが、党員、サポーター票は票数だけで言えば60%対40%で菅氏勝利ということで、新聞、テレビの調査ほどには差がついていなかったし、ネットでの調査で小沢氏が勝っていたけれど、やはり負けちゃったというところでした。

それでも、私は小沢氏は善戦したのではないかと思います。だって、あれだけダーティなイメージを植えつけられ、散々バッシングされるわ、へんてこりんなスキャンダルは出されるわで、勝つ目があるとしたら国会議員票だけれど、相手は現職の総理大臣なんですから、圧倒的な多数をとるのはやはり難しかったのではないかなと思います。
民主党議員の半数と党員、サポーターの四割の人の支持を得たんですから、小沢氏に対する期待感を持つ人がまだまだそれだけいるんだなあと、感心してしまいました。
彼はこれからどうするんだろう、と今後のことに興味があります。

実力者と言われながら陰に回っていることの多かった小沢氏が民主党代表となり、政権交代したらいよいよ総理大臣かと思った矢先の政治とカネの問題の勃発。私はよくわからなかったけれど、普通だったら逮捕まではいかないような形式的な犯罪だと、テレビで解説していた元検事の方の話を聞いて、彼を総理大臣にしたくない何らかの意図を持った人たちがいるんだろうかと思いました。
先ごろ無罪となった厚生労働省の元局長の事件も、最初は民主党の議員が圧力をかけて不正を働いたというような報道のされ方でした。
その事件が騒がれだしたのも民主党がいよいよ政権交代できるかというような時期だったと思います。
ずっと自民党政権が続いていたのですから、政権が変わっていろいろと闇の部分が暴かれるのは困るということなのかなと思いましたが、民主党になったからと言って特に何かが暴かれる様子もないし、官房機密費が政治記者に流れたというような話は本当なのかどうなのか知りたいのですが、誰も何もそんな話はしないしわかりません。

まだまだ私たちの知らない世界があるんだろうなあと思いつつ、野次馬としては小沢氏が政治家としてこれから何処へ行くのか注目したいところです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する