FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

女性にやさしい職場づくりとは?

厚生労働省では今週から「女性にやさしい職場づくりナビMOBILE」という携帯サイトを開設しました。(参照)
働く女性の妊娠・出産について、日常生活の注意事項から法律関係など、職場での対応などについて解説して相談窓口なども紹介しています。
パソコンでの同様のサイトもあり、こちらは企業に向けて、妊産婦に対する法律的義務やこんな取り組みをしたらよいという事例紹介などもあります。(
参照)
平成19年4月より改正施行の男女雇用機会均等法では、母性保護を強化していて不利益取扱の禁止や健診の時間の確保などが義務化されていますが、出産を機に職場を去る女性もまだまだ多く、女性を人材として活用するためにも企業に頑張ってほしい、また、そうした女性を応援しますというサイトなのでしょう。

おりしも、昨晩のNHKクローズアップ現代では「イクメン(育児休業取得など育児に積極的に関わるお父さんのこと)」について放映していました。
放送の冒頭では、育児中のママたちがカチンとくる夫の一言として、
「手伝おうか?」というのが「俺は働いていて疲れている」、「子供のことは任せるよ」などを抑えて堂々の第1位だと紹介していました。
夫には主体的にいっしょに育児に関わってほしいという女性たちの思いが伝わってきます。
というわけで、今やごくごく少数ながら企業内でバリバリ働く男性が育児休業を取得して、その体験を発信する人も現れ、男性も育児に主体的に関わるとこんなよいことがありますよという話をしていたのが、前述の番組です。

女性のみならず男性も育児のために休業したり、短時間勤務をしたりできる会社は、総じて効率的な働き方を社員全員ができるようになり、業績もアップするということです。
ある証券会社は全員が7時までに退社と決めていて、男性社員も女性社員も家族とともに過ごす時間や自分の趣味などに費やす時間が増えたそうです。
だからといって業績はけして悪くならず、何とかリーマンショックも乗り越え以前よりよくなっているそうです。
それは、社員ひとりひとりが時間の使い方を考え効率よく働くことができていて、またお互いにコミュニケーションをとり、仕事の時間調整を図っていることも大きいとのことでした。

そういう話を聞くと、日本企業にはびこる長時間労働とは何だろうと考えてしまいます。
自主研究会の先輩社労士が労働者側も残業代などがほしくて長時間労働をすると言っていましたが、それは多分基本給が安いからだと思われますし、何故基本給が安いかというと、退職金などの計算のときに基本給に一定の掛け率をかけて計算するというようなことをやっているからかなとも思います。
冒頭でご紹介した厚労省のサイトはは「女性にやさしい職場」を妊娠中、育児中などと限定的に考えてその間の様々なことについて解説しています。
これは、これで、なかなか役にたつだろうと思いますが、本当の意味で「女性にやさしい職場」とはどういう職場かなあ、まずは、長時間労働は絶対だめだろうと私は思います。
そして、それは、男性にやさしい職場とは?という命題にもつながってくるし、それはまさに私たち社労士が日々考えていかなければならないことなんだなあと思いました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する