FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

だんだん早まる年賀状の季節

朝晩めっきり冷え込むようになり、いつの間にか街路樹が色づき、たそがれ時になるとイルミネーションが輝くようになりました。
いつも、今頃になる今年は年賀状どうしようかなあと考えるようになります。
数年前までは、インクジェットの年賀状が不足気味で、予約しておかないと買えなかったのですが、最近ではいつも余っているみたいだからいいやと、今年は予約してなかったのですが、昨日、近所の小さな郵便局に行ったらちゃんと入手できました。
いつも、白無地のインクジェット紙の年賀はがきを買って、自分で図案を考え印刷しています。

最近は、年賀状を書く人が減ったそうです。
確かに、メールでの賀状もありだと思うし、紙の無駄と考えられなくもありませんが、この業界は義理堅い方が多いというか、職業柄人脈を大切になさっているのか、それほど深いお付き合いではなく、中には名刺を一度交換しただけなのに年賀状を下さる方もいらっしゃいます。
従って、友人、親族、その他仕事関係の方はもちろんですが、仲間うちとも言える社労士の方たちにも年を経るごとにたくさん年賀状を差し上げることになります。
時間がたつごとに知り合いが増えるので、枚数も相当数になり年々早め、早めに準備をすることになります。

印刷屋さんに頼むとどうしてもお仕着せ感があるので、いつも自分でお花や景色や自分で撮った写真などから新年にふさわしそうなものを選んで挿入して、後は自分で色や字体を考えて作りますが、結構こういう作業が私は好きなんです。ああでもない、こうでもないとひねくり回しているうちにあっという間に時間がたってしまいます。
昨年は喪中だったため、ちょうど今頃喪中はがきを作っていたなあなどと思い出します。
ぽつぽつ喪中のはがきをいただくこともあり、こうして時が流れていくんだなあなどと感慨に浸ったりもします。
さて、ハードディスクに保存してある写真の中からそれらしいのはあるかなあ、ちょっと早いけれどそろそろ選んでおこうかなあなどと思っている私です。
世間ではいろいろとかまびすしいことが多いけれど、お陰様で私は穏やかに日を送っていることに感謝しております。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する