FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる12年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

また一歩前へ

    ばらの花かご 003
昨日、行きつけのお花やさんできれいな色のバラを見つけたので、花かごにして事務所に飾りました。
オレンジ色と黄色がまざったような色でとても華やかです。
私は、開業以来就業規則についてのコンサルタント業務を中心に仕事をしてきて、手続業務はしないし(細かいことが苦手な自分の性格上できないというのが本当)顧問は持たずにやっていこうと考えやってきました。そう考えるには一言では書けないのですが、より自由な立場で仕事をしたいということがまずありました。
そのため、就業規則の作成依頼を受けて請負業務のような感じで、納品していったん終わり、次の依頼があればそれをやるということを繰り返してきました。

だいたいどの会社でも、納品して終わりではなく、「これはどうなんでしょう」などとお問い合わせがあったり、何かあるとすぐ電話してくるような事業主さん(正確には事業主さんの奥様)もいたりして、皆さん、知識と情報はただではないということに思い至っていらっしゃらないんだなあと思いつつ、できる限り誠実にお答えしてきました。
顧問を持たないでやっていこうと思っていたので、こちらから顧問契約の話をしたことはありませんでしたが、就業規則を何社か作るうちに、就業規則を作るだけ作って「ハイ、さよなら」というのはもしかして間違っているかもしれないと思うようになりました。
就業規則を作るのは大事だけれど、それに基づき運用していくのはもっと大事なはずですが、そのあたりのサポート体制をきちんとしなければ意味がないのではないか。
もちろん、私は問い合わせがあればお答えしていますから、あちらとすれば別にそれでよいのでしょうが、私としては、その会社の内情を詳しく知ればもっと的確なアドバイスができるかもしれない。それには顧問としてきちんと契約して、より深く関わった方がよいのではないかと思い、多少の迷いを感じていました。

先月、納品した会社では、社長から「先生の仕事ぶりには大変満足しています」とお言葉をいただき、顧問弁護士のいる会社だったのですが、「法律関係は弁護士と思っていましたが、社労士も必要なのですね」と言っていただきました。
その会社は、ある事に関する社内規程を依頼されたのが最初ですが、結局、半年かけて就業規則の大幅見直しをして、私にとっても、よい経験をさせていただいたと思っている会社です。
そして、これからもコンサルタントを中心とする顧問として継続してお願いしたいとのお話をいただきました。
業務上の話なので、これ以上は控えますが、私としては今までの自分のポリシーには反するのですが、そのお話をお受けすることにしました。
ただ、その会社については法令順守の意識が極めて高く、信頼できる会社だということがよくわかったので、私もお受けすることにしたのです。
顧問になるのはあちらから望まれ、こちらも信頼関係を築いて仕事ができる会社だけという前提はくずさないでやっていこうと思います。

私の基本は独立独歩、自主自立、就業規則請負人が本来の姿と思ってやっていきたいとの思いは変わりません。
それでも、また一歩前に進むことができたかな、いや、できるように頑張ろうと思っています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 新しい道が開かれおめでとうございます。
 今の時期、新規顧客を獲得することは、資格取得試験を突破するより難しいと感じています。それを、先に請われて、が開かれたということは、鈴木さんの地道な努力が花を開かせたのだと思います。
 バラの花の写真のようにこれからも美しく咲き続けてください。

空ちゃん | URL | 2010年11月17日(Wed)16:28 [EDIT]


空ちゃんさん、
コメントありがとうございます。
花が咲いたなんてとんでもないです。
まだまだ、いばらの道かなとも思いますが、自分の意思で選択して歩いていることに、誇りと喜びを感じています。
少しでもより良く、少しでも前へ、進んで行けたらいいなと思います。

おばさん社労士 | URL | 2010年11月17日(Wed)16:51 [EDIT]