FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

今日から仕事始め

今日から仕事始めです。


今日ぐらいまではお休みの会社などが多いのでしょうか。いつもより人も車も少ないように思います。今年は喪中ということもあり、例年になくのんびりと家で過ごしたため、仕事始めはちょっぴりきついです。それでも今年はアグレッシブに行こうと決めているので、気持ちを引き締めてやっていきたいと思っております。今年もどうぞよろしくお願い致します。


とりあえず、初仕事としては「寒中見舞い」のはがきを作ろうと思っています。

喪中と知らずに年賀状をいただいた方や、支部でお世話になって年賀状を出したかったけれど喪中で出せなかった方々に出そうかなと考えています。


昨日、活字文化の衰退(というか後退というぐらいのレベルでしょうか)について書きましたが、年賀状などはまだまだ残っていますね。でも、昔ながらの手作業で作成した年賀状はほとんど見なくなりました。宛名もPC、賀状もPCを使っての「手作り」が圧倒的に多いですね。


PC用のインクジェット紙はがきの販売枚数が普通紙のはがき枚数を上回ったのが、確か2、3年前のことだったような気がしますが、もしかしたらもう少し前だったかもしれません。それほど凝ったものでなければ簡単に作れるのですから、PCで作成する人が増えるのは当たり前ですよね。かく言う私ももう随分前からPCです。せめて宛名だけは手で書こうと頑張ってきましたが、仕事関係のものはPCに頼ってもいいかなと思っています。


そのように活字文化が残っているように見えて、かなり中身が変化しています。昔はプロの印刷屋さんに頼んでいたようなものが、自宅で簡単に作成できるようになったのですから。名刺などもそうですね。


2日の記事で「おせち料理の外注化」について書きましたが、今まで外注が当たり前だったものが、自前になり、自前が当たり前だったものが外注になるというちょっとした逆転現象が起きているように思います。こういうことをうまくビジネスにつなげればいいのかなと思いますが、なかなかアイディアは浮かびませんね。


今年も汗を流して地道にやるしかないようです。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する