FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

初仕事に行く

4日から仕事初めの当事務所ですが、4日は、関与先企業様宛に「きぼう通信」という事務所便りを郵送したのが仕事といえば仕事でした。
もともと顧問先を持たずに就業規則請負人でやっていこうと思っていた私ですが、昨年、こんな私でも望んでくださる企業様がいらして、これもご縁だと思い労務管理コンサルタントとして契約させていただきました。(
過去記事参照)
少しでもより良い情報をお届したいと思い、毎月A4一枚の「きぼう通信」を発行して、関連資料などをお届けすることにしました。
過去に就業規則を作成した会社で、遵法意識が高く気持ちよく仕事のできた会社にも、ついでと言っては何ですが、お送りすることにしました。
そんなわけで、年末に作成しておいたものを郵送したのが私の初仕事でした。
そして、昨日は、地元市役所の年金・労務相談の当番日に当たっていて、午後から2時間ほど市役所の相談室に詰めていました。

これは所属する社労士会の支部で年度初めに希望者を募って、会員で分担して行っている相談業務です。
私は、日ごろから労働法関係の勉強は随分していますが、年金がどうしてもおろそかになりがちなので、自分を追い込んで勉強させるためにいつも手を挙げてやらせていただいています。
当日は、年金についての資料や年金機構のHPからダウンロードした様々な書式や、リーフレットなどを分厚いクリアーファイルに分野ごとに分類して持参します。
業務の前日にはこれらのファイルや、手持ちの書籍にもざっと目を通しておきます。
年金は社労士の「看板業務」ですから、本当はそんなことしなくてもスイスイと答えられなくてはいけないと思うのですが、就業規則を中心に仕事をしているため、改正情報などもついていくのが精一杯というところです。

それでも、昨日もそんなファイルが役に立ちました。
お正月早々相談者もいないだろうと、読みかけの小説を持っていったのですが、開始早々若い方がみえて、年金の免除についてのご相談がありました。
会社の退職勧奨により退職したため、現在失業中ですが、雇用保険を今年から受給するため一定の収入はあるので、年金の免除申請はできるだろうかというご相談で、一応、市役所の窓口でもらったパンフレットはお持ちでしたが、失業中の「特例免除」については記載がなく、その方もご存知なかったので、私がファイルに持っていたダウンロードしたリーフレット(
参照)を差し上げました。
今後、雇用保険の説明会があるので行く予定とのことですが、雇用保険の説明会ではそういう話はしないんでしょうか。私は行ったことがないのでよくわかりませんが。

その他、国保のことや求職のことなど雑談をして40分ほどお話しました。
その方はとても前向きな方なのでよかったですが、若い方たちが明るい気持ちで暮らせる社会になってほしいなとつくづく思いました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する