FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

IT技術の進歩に感謝

雪景色 当地は土曜日、日曜日と穏やかないいお天気だったのに、今日は一転して朝から雪が降ってびっくりしました。
携帯で撮ったのでちょっとぼんやりしていますが、車の上や向こうのお宅の屋根にうっすらと雪が積もっています。
かなり雪が降っているんですが、カメラではなかなかそういう映像が撮れないんですね。

しかし、考えてみるとこんなふうに簡単に写真を撮ってブログなどに掲載できるようになったのは、ここ10年の間ぐらいでしょう。私の場合はブログを始めたばかりの頃は手探り状態で、少しづつ覚えていったという感じです。
この7~8年の間に携帯のカメラもデジカメも進歩したし、メールで送れる容量も随分増えたので、親族や知人からメールで写真を送ってもらう機会も増えました。
今朝も懇意にしているある社労士から、東京スカイツリーをほぼ真下から撮った映像が送られてきていて、「へぇーっ」としげしげ眺めてしまいました。
一番上にクレーンが2台写っているのですが、
「完成したらあのクレーンはどうやって下ろすんでしょう。それ考えると夜も眠れなくなっちゃう」と、彼は私よりずっと年下なのに、随分古いギャグを知っていることと、苦笑してしまいました。

確かににねー。どうやるの?
と、いつもうるさい外野(夫)に聞いてみると、「どうやるんだろうねえ。最後の一つになるまではその一つで下ろせる、最後の一つは解体して、最初から塔にそれを下ろすための装置で下ろすんじゃないの?それほど大変でもないんじゃない?高層ビルの建築なんかあちこちでたくさんやってるんだから。」
と、どうということもないさという口調です。
というわけで、それを返信してあげました。これで、夜もぐっすり眠れるといいですね。
メールもカメラもIT技術の進歩で、私たちの生活が人間関係の構築も含めて豊かになっているという実感を感じた雪の朝でした。
と、書いているうちに雪はもう止んでしまいました。やはり春の淡雪だったようです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する