FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

未曾有の地震と津波に茫然

週末の大地震とそれに続く大津波で被害に遭われた方々、心からお見舞い申し上げます。
多くの方が亡くなり、車や電車がおもちゃ箱をひっくり返したような状態になっている映像を、ただただ茫然と眺めていました。
私も、今まで経験したことのない揺れを体験しました。
ちょうど、所用で出かけた帰り、ついでに買い物をしようと事務所近くのスーパーに寄ったときでした。
駐車場に車を停めて、歩き出してスーパーの玄関近くに来たところ、ぐらぐらと地面が揺れだし、すぐ治まるかとおもいきやどんどん程度が激しくなりました。頭の上の電線がすごく揺れていました。
このところ、地球規模であちこちで大地震が起きていますから、まして地震列島の日本ですから、私の所にもそのうち来るかもしれないと漠然と思っていました。とうとう来たかと思いました。
立っているのがやっとという感じですが、周りは広く、頭の上に何かが落ちる心配もないので、その場に留まっていましたが、しゃがみこむ人たちもいました。店員さんや中にいたお客さんがぞろぞろと駆け出して外に出てきましたが皆さん冷静でした。
しばらくお店にも入れそうにないので、頃合を見て事務所にもどりましたが、幸い、特に何かが倒れたりということもなく、被害はありませんでした。
事務所のある蕨、私の自宅のある浦和は震度5弱ということで被害はありませんでしたが、震源がもっと南に寄っていたら私もどうなっていたかわからなかったんだなと思います。

報道によると1000年に一度とも言われますので、思えば阪神大震災の頃から列島の周りの地殻が活動期に入ってしまったのかもしれません。
私の住んでいる地域もいつどうなるかはわからなくなったということだと思います。
昨日、「今後70%の確立で震度6強、6弱ぐらいの余震があり、東日本のどの地域でも可能性はある」と気象庁の発表があったせいでしょうか。
みなさん、食料の備蓄を始めたようで、スーパーの棚から見事に食料が消えていました。
お米、パン、牛乳、卵、私がいつも行くスーパーではそれに加えてお豆腐まですっからかんです。
我が家はスタートダッシュに遅れてしまいましたが、育ち盛りの子どもがいるわけではなし、夫婦二人、ないならないなりに暮らすさと腹をくくるしかありませんね。
とは言うものの、私としてはビールがない生活は辛いので、ビールの棚を見てみるとこちらは余裕で品物が並んでいます。
とりあえず、好きな銘柄をゲットしておきました。
こんなときに不謹慎で申し訳ありませんが、こういうときだからこそ、好きなものを飲んで食べて笑顔でいたいと思います。

いつでも、どこでも、買いたい物が買える生活なんて、やはり砂上の楼閣みたいなものだったのかもしれません。
当地では、停電するというニュースも流れましたが、停電はとりやめになったみたいですが、JRは止まっていて、駅前に人があふれていました。
車で移動することが多い私ですが、ガソリンもいつも行くセルフスタンドでは、20リットルまでしか給油ができませんでした。
これから、様々な面で影響が出そうですが、避難所で辛い思いをしている方々のことを思えば、全てはぜいたくな不満だと思います。
とにかく、今は節電に励みたいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する